2015年05月24日

不眠ではないと思うんだけれど

不眠、というのはどの程度のことを言うのか?

なかなか寝付けないとか

途中で起きてしまって眠りが浅いとか、

長く寝ていられないとか・・・・。


わたしの場合、中年になって「ぐっすり眠れた感」が少なくなって

深夜に、寝汗や暑くて寝苦しくなったり

胃がムカムカして起きてしまうことが増えました。

ホルモンのバランスによるものとは思っています。

かといって朝遅くまで眠ってはいられない。

眠いと思いつつも、朝は目が覚めてしまう。

そのせいか、昼間の2時から3時くらいにどっと疲れて眠くなってしまう。


同級生の幼なじみも、寝つきが悪くなったので

夕方から夜にウォーキングとかで体を動かすと

夜よく眠れる、と言っていました。


昔はあんなに眠れたのに。

海外旅行でせっかくハワイに行ったのに友人と二人で寝坊して

昼の3時まで眠ってしまった・・・・という経験があります。

時差ぼけがあったにしても、旅行で寝坊できるのって若いわ〜と思う。


最近の私のぐっすり寝る方法としては、

「もうだめ」ってくらいまで起きている。ということ。

そうすると、すんなり眠りに入って、短くても一定時間はぐっすり眠れます。

そういう、身体まかせにしてみると

女性はホルモンの動きに動かされている。と実感します。

眠気、睡眠はとくに。

なぜならいまだ、生理の周期によって動かされていることがわかります。

なので、決まった時間に決まったリズムの生活、とか

睡眠は7時間が長生きできるから、とか

知識に合わせようとすると「不眠なんじゃないか」と

変な焦りやストレスに惑わされてしまって悪循環。

自分の身体の要求に耳を傾けてみれば気がつくこともある。


翌日、たとえ朝が早くても、眠くなるまで起きている。

どうしても寝なくちゃならない日は、

夕方から夜にかけて、歩き回って身体を動かして疲れさせる。

今のところ私はこれに限ります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
posted by こたつで昼寝 at 12:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/133489658
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック