2015年05月04日

梅干しにも添加物なのね


梅干しって時々すごく食べたい時があるのですが

酸っぱいものがあまり得意でない私、

できれば口当たりの良いものがいいな、と

いろんな梅干しを試したことがありました。

最近の梅干しは塩分控えめが多くいかにも体に良い、と思っていたのですが

ところが・・・・よ〜くみると

塩分を控えめにして、甘めの漬け方にすると、

どうしても添加物が入ることになるのですね・・・・。


昔、私の祖父がお茶請けに

梅干しに蜂蜜をたっぷりかけて食べていて

それがすごく美味しくて大好きでしたっけ。

最近は「はちみつ梅干し」があちこちで売られていて

どれも食べやすくてフルーツみたいに美味しい。


こちらは「ゆず風味」つぶれ梅でお得なのでネットで購入。

DSC_0121


でもね、甘味料としてスクラロースが入っています。

口の中に自然でない甘さが残る感じで・・・・。

うーん、残念。

そもそも塩分5%で長期保存って、なかなか無理がありますよね。


こちらは同じメーカーのもので、「無添加」である

「はちみつ梅干し」

DSC_6372


このトウガラシ抽出物は一応自然な食物から抽出したもので

天然添加物、ということで

化学的な添加物ではないので安全性が高い。らしい。

なので、添加物のくくりには入らない、ってこと??

まあ、微妙なところですが食品衛生法では添加物ではないのです。

なので、この「はちみつ梅干し」は無添加ということ。


DSC_6373


美味しいです。食べやすいし、蜂蜜の風味があるけれど

確かに余分な味はそんなにしない。

でも、本当は自家製のちゃんとお塩で漬けた梅干しが

身体には良いんだろうなぁ。


口当たりが良いもの、後を引くもの、長持ちするもの、は

現代ならではの便利さの中に「隠し味」が入っているのです。

それが嫌ならやっぱり「自家製」ですよね・・・。

来年、やってみようかなぁ。梅干し作り・・・・。 




にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
posted by こたつで昼寝 at 10:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記